ロッカーに遺骨57体 生活保護受給者ら

独り身で遺体の引き取り手がない生活保護受給者や身元不明者の遺体は生活保護法や墓地埋葬法などに基づき市区町村が火葬から埋葬まで行うことになっている。同市は斎場で火葬後、引き取り先を探す間、遺骨を庁内の一室のロッカーで保管。この部屋には就労支援員4人が常駐し、生活保護や就労支援の相談に応じ、ロッカーは入り口付近にあった。3カ月ごとに合葬墓に移すことになっていたが、2017年4月に担当者が代わった際に引き継ぎがなされず、庁舎内に保管されたままになっていたという。
 毎日新聞が入手した遺骨の一覧表によると、54体は16~17年に火葬され、00、11、14年に火葬された遺骨も各1体あった。市によると、00、11年の2体は火葬後に遺族が保管していたが埋葬されないまま遺族が死亡したため17年までに市が引き取った。14年の遺骨は遺族に引き取りを要請したが、引き取られないまま保管された。
 市民から指摘を受けた市は17年9~10月、57体を合葬墓に移し、同11月からマニュアルを作って、火葬業者が遺骨を合葬墓に届ける仕組みに変えた。
 生活保護法には、火葬から納骨までにかかる費用を市区町村と国が負担する「葬祭扶助」の規定がある。一方、保管期間や保管場所などの規定はない。厚労省保護課によると、同市から今年6月、「外部の人が出入りするところで保管していたのは不適切だった」と報告があった。同市生活福祉課の担当者は取材に「(遺骨を)長く保管してしまったことや保管場所などが多少行き届いていなかった」と釈明している。
 生活保護問題対策全国会議代表幹事の尾藤広喜弁護士は「必要最低限の生活を保障する生活保護法の趣旨に照らせば、死後の扱いをないがしろにされて良いわけではなく適切ではない」と話している。

f:id:hakurinji:20181107181503j:plain

f:id:hakurinji:20181107181529j:plain

 引用 毎日新聞

 

 

これからの少子高齢化、親戚の繋がりも薄っぺらになり、益益こんな事例が当たり前になるのだろうか?直近では伯母さんの葬儀拒否・・寺に身を置く僧侶でさえこんな体たらくだ!宗教者の言うことなど誰も耳を傾けなくなる。 珀琳寺 住職

 

報恩講厳修される

去る10月31日・11月1日當寺報恩講が勤められた。時折降る雨の中、氷見市・寺西良夫師の元合計5席の説教に耳を傾けていた。過疎化の流れでお参りの数も激減。この先の寺院の在り方について、組内・親戚寺院と深く語り合った。仕掛けはこれからです。珀琳寺 住職

お仲間の報恩講

この時期になると、寺方の報恩講で忙しい。昨日、今日は下曽祢の光源寺さん。このお寺は、親鸞聖人が流罪にあった、越後の堀前の光源寺さんから分かれたお寺である。御遠忌などの大きな法要には、お互いにお参りし合ったと組内の老僧から聞かされている。最近、本堂の瓦を葺き替え、綺麗に整理されている。末寺では珍しく経堂を持ち、歴史の深さを感じさせる。珀琳寺 住職

f:id:hakurinji:20181026151222j:plain

天気に恵まれ

f:id:hakurinji:20181026151325j:plain

本堂横にある経堂

親孝行の50回忌

Message body

今週の日曜日に、門徒さんの50回忌、33回忌、7回忌が勤まった。この辺の風習で、本願寺8代の蓮如上人を寺から御招待しての法事である。朝の9時にお迎え、10時からのお始まり。約2時間半の間に、三部経と法話。迎えのバスに乗り、午後1時前に料理屋へ御斎おとき。つい10年前迄は、門徒宅でお凌ぎの、煮しめなどを腹に入れて、法事が済むのが2時過ぎ、。それから、自宅で御膳を並べて、寺に戻るのは夜の6時頃は当たり前だった。このお宅は、私自身2回目の50回忌。前回主催したお祖父さんは、まだ98歳で元気モリモリ。父親の百の祝いを兼ねて、息子さんが法事を申したいとの事。有り難い。珀琳寺 住職

f:id:hakurinji:20181023173958j:plain

f:id:hakurinji:20181023173717j:plain

立花の準備など大変な作業

 

f:id:hakurinji:20181023173729j:plain

兄弟仲良く仏前の準備

 

f:id:hakurinji:20181023173452j:plain

蓮如様の通り道には敬い砂を・・

 

台風が次々と・・秋彼岸 そして母の3回忌

毎週のごとく、大型台風が。寺の敷地や、本堂・庫裏などを含めるとかなりの広さになります。今回は、本堂前のイチョウの大木を数年前に伐採し事なきを得ました。切り損なったアテの木が見事に根返りしましたが、客殿直撃を免れ倒木の手配。砂防堰堤から続くU字溝が見事に外れ、役場へ電話。現認して頂いたのち、区長さんを通してとの事。一発で済まないのがお役所仕事。やれやれ・・。毎年この様な天候になりそうな予感。秋のお彼岸も、天候不順の中沢山のお参り。珀琳寺住職

 

f:id:hakurinji:20181003134333j:plain

お彼岸の永代供養墓

早いもので母の3回忌、今年は下の娘夫婦と4月に生まれた孫もお参り、叔母さんの体調も心配したが何とか法事にお参りできた。お斎について、久しぶりの親戚同士の和やかな時。来年は4回忌?

f:id:hakurinji:20181003135218j:plain

お勤めは、小経・正信偈、手前私、奥が長女の婿様、中が孫のりくと。

f:id:hakurinji:20181003135745j:plain

私の話を不思議そうに聞き入る孫

 

暑いお盆でした!

盆の期間は8月の13日~16日まで。今年は早めに帰省しお墓詣りする方が多かったみたいですね。15日の早朝に寺の墓参りと永代供養墓(みんなの墓)のお参りを済ませ、門徒さんのお墓詣り。気温は40度近くにも上昇、途中、熱中症??目が回り、墓石に座り込んで読経・・・。寺に戻り、シャワーを浴びバタンキュー。次の日は葬儀、これまた大雨。骨上げ・初七日を終え、お斎をお断りし家路へ。まだまだ暑さが続きそうです。水分補給お忘れなく。 珀琳寺 住職

f:id:hakurinji:20180817123013j:plain

多くの方がお参り

f:id:hakurinji:20180817123151j:plain

早朝この時点で36度

お久しぶりです

もはやなんとも・・昨年は娘の結婚式、今年の大雪。ブログの更新はまだですか?の問い合わせが多数。遅れ候、本年もよろしくお願いいたします。

春の彼岸も、肌寒く体調不良。今年お約束していた珠洲の広栄寺さんへ彼岸会の布教。片道丁度100㎞程。前回は4年前、4歳若い自身は苦も無く運転、3日間とは故、疲れました。前回は5日間??だったと、やれやれ。参りは何処でも減ったとは言うものの熱心な御門徒さん。優しい御住職、気さくな坊守さん。また4年後のお約束を・・。

f:id:hakurinji:20180329151157j:plain

高台にそびえる広栄寺さん

f:id:hakurinji:20180329151521j:plain

f:id:hakurinji:20180329151550j:plain

お参りが終わると御住職を囲んでモグモグタイム

彼岸の最終日、雨も上がり、家内とゆっくり彼岸のお勤めと、永代供養墓(みんなの墓)をお参り、沢山の方がお参りしてくださいました。

f:id:hakurinji:20180329152303j:plain

永代供養墓(みんなの墓)でのお勤め